オレンジと白のボウリング場

The bowling alley of orange and white color. hai411-01.jpgオレンジと白の縞々がレトロなボウリング場hai411-02.jpgここはボウリング場だけでなく
ゲームセンターやプールもあるホテルだ。hai411-03.jpgタイヤの中から生えるネギっぽい植物…hai411-04.jpg子供用プールの周りには黄色の花が咲く。hai411-05.jpg小さな遊具。hai411-06.jpgさて、まずボウリング場を見てみよう。hai411-07.jpg座席と天井が縞々に統一されている。hai411-08.jpgアイスの冷蔵庫もあるカウンター
ピンクのうさちゃんぬいぐるみが残っている。hai411-09.jpgこのレトロな機械!可愛すぎる!!
ボウリングに詳しくないので何をする台なのか
よくわからない…。hai411-10.jpg「コミュニケーションと楽しさの輪を!!」
とても楽しげなのが物悲しい…。hai411-11.jpg何やら複雑な機械がそのままだが
ボウリングに詳しくないのでこれもよくわからん。
元々は覆われていたのだろうか…。
hai411-12.jpg隣の部屋はゲーセン。hai411-13.jpgソファーに残されたぬいぐるみ達
夜にみんなで遊んでそう。hai411-14.jpgこれは…私も子供の頃少しだけ遊んだ
懐かしの「リカちゃん」ではないか…!
UFOキャッチャーもあったのは知らなかった。hai411-15.jpgホテル側に長い廊下。hai411-16.jpg少し和風テイストのお風呂。hai411-17.jpgラウンジのようなくつろぎスペース。hai411-18.jpg宴会場。結構な広さ。hai411-19.jpgこちらは最上階らへんにあった宴会場?
立派な松の絵の幕が残っている。hai411-20.jpg一面窓ガラスの大浴場。真ん中には…謎の球!hai411-21.jpgなんだかガ●ツみがある。重そうな球だ。hai411-22.jpgロビーから2階への階段。hai411-23.jpg天井がボロボロで雨漏りしている。hai411-24.jpg星の照明が壊れて星が落ちている…!hai411-25.jpg廊下に置かれていたもの。山車…なのかな?hai411-26.jpg味のある「キャッシャーカウンター」の文字の下には
ゴージャスなカワイ子ちゃんが…!
今でも魅惑的な笑みを浮かべていた。hai411-27.jpgロービーも照明が凝っていて立派だ。
絨毯の模様もオシャレだなぁ…とよく見ると…hai411-28.jpg…キノコむっちゃ生えとるΣ(゚Д゚)
天井からの雨漏りで絨毯が湿ったのだろう。
ここまでたくさん生えているのは初めて見た。hai411-29.jpgそしてロービーの待合スペースの床には…hai411-30.jpg…👹なまはげ👹落ちとる!!

本物?のお面は初めて見たのでテンション上がった。
こりゃ子供が見たら怖がるのも納得やわww

ボーリング・温泉・プールと
エンタメ施設がたくさんあり、
ここに泊まるだけで家族で1日楽しめるような
大型の施設だったのだろう。

昭和の時代はそういった休日の過ごし方が
メジャーだったのかもしれないが、
不況や少子化、レジャーの多様化で
そういった過ごし方をする家族も
減ってしまったのかもしれない。

私もそういう思い出はあまりないので、
そういう時代が少し羨ましく思えるのであった。
スポンサーサイト



象の像のある博物館

The museum with elephant statue.hai598-01.jpg躍動感のあるマンモス!これは一体…。hai598-02.jpg実物大なのだろうか…。
かなり大きくて実際に昔こんな生き物が
いたと思うとテンションが上がる。
絶滅してしまったのが実に残念だ。hai598-03.jpg牙がすごい迫力!
こんな牙、あまり実用的とは思えないから、
生物の進化とは面白いものだ。hai598-04.jpgところで、ここは私設美術館のような施設なのだが、
とりあえずマンモスのインパクトがすごい。hai598-05.jpg敷地には色々なものが残されている。hai598-06.jpg列車の一部のようなものも放置されている。hai598-07.jpg屋根には穴が開き朽ちていていい感じ。hai598-08.jpgそしてこの施設の敷地には大量の石像がある。hai598-09.jpgこういうのがいっぱい。
一体一体表情も豊かで面白い。
hai598-10.jpg奥には木彫りの仏像が残された場所も…。
千手観音が神々しい。hai598-11.jpg作りかけなのか、塗装がされておらず
朽ちていくままになっている。hai598-12.jpg顔が取れてしまっている仏像も…。hai598-13.jpgこれが本当の「カオナシ」である。
hai598-14.jpgこちらは癒し系の表情の仏像。
誰かに似てる気がする…。hai598-15.jpg夕陽がちょうど背後にあたり、
後光がさしているようだった。hai598-16.jpgこちらの像は塗装されていたようだが、
ボロボロに剥がれてしまっている。
仏像がこのような状態になっているのは
なんとも物悲しい。hai598-17.jpg草むらに埋まっていた如来像であっただろう石像。
サモトラケのニケのように、
こうして欠損していると、神秘的に見えて、
余計に色っぽく見えるから不思議だ。hai598-18.jpg螺旋階段に残された鉢植え。hai598-19.jpg温室のような建物の中には、
木彫りの虎が何体も集まったような巨大な像。hai598-20.jpg他の建物にも色々残っているようだが、
窓の隙間から覗くことしかできなかった。

この施設、ここを運営していた会社の創業者が
個人的に買い集めてきたアジアの仏像や
骨董品を大量に展示していたらしい。

こういう珍スポ系の施設作っちゃう人の
そういうエネルギーって本当にすごいよなぁ。

自分もお金が有り余っていたのなら、
そういう事に使いたいものだ(遠い目)

パチンコのあるボーリング場

The bowling alley with pachinko.hai569-01.jpg少しレトロなボウリング場hai569-02.jpg1階にはパチンコ屋さんと写真屋さん。hai569-03.jpg商品交換所が可愛らしい。hai569-04.jpg台は大半が無くなっているが
ギラギラした電飾は残されている。hai569-05.jpg結構奥まで続いていて広い。hai569-06.jpgレトロな台が少しだけ残っていた。hai569-07.jpg純喫茶にありそうな、入口の照明。hai569-08.jpg女の子の絵が可愛らしいUFOキャッチャーhai569-09.jpg他にもゲーム機が数台。hai569-10.jpg階段の途中に料金表。

貸靴300円
ボウリング500円
ビリヤード1人1時間600円
卓球30分500円hai569-11.jpgビリヤード台のある2階の部屋hai569-12.jpgビリヤードの注意とルールが貼られている。
「くわえたばこはエチケット違反です」
映画やドラマだとビリヤードって
だいたいくわえたばこしてる気がするwwhai569-13.jpgカーテンが日に焼けて劣化がすごい。hai569-14.jpg机と2つの椅子一体型。
こういうのもなんだか懐かしい感じ。hai569-15.jpgこれは良いデザイン!
ぐるっと大人数が座れる椅子。
ここで靴を履き替えるのだろう。hai569-16.jpg残留物も残っており、
あまり人為的に荒らされてもいない。hai569-17.jpgボウルとシューズもそのまま残されている。hai569-18.jpgこれは!!レトロなゲーム台が…hai569-19.jpgマイボウルのバッグも残されている。
hai569-20.jpgボウリングの球も。もったいないなぁ…hai569-21.jpgぽつんと残るボウリングのピン。hai569-22.jpgなんとなくスペースエイジっぽいボウリング台。hai569-23.jpghai569-24.jpg雨漏りで天井が朽ちてきている。hai569-25.jpg向こう側の壁は無くなり、解放感。hai569-26.jpg木造のレーン。
こちら側には機械があったのか、
それとも元々この状態なのか…hai569-27.jpgこれだけ見るとピンをどうやって
並べていたのかよくわからない…hai569-28.jpgなくなった壁側に残された
スタッフルームらしきスペース。hai569-29.jpgレーンの向こう側。
壊す途中なのか、朽ちたのか
ほぼ外かのように開放的。hai569-30.jpg施設の一角で猫がミイラ化していた。
野良猫は基本死ぬところを人に見せないので
ここは人が来ない場所と認定されたようだ。

このボウリング場はあまり情報もなく
初めて見る光景ばかりだった。

写真で見たことない物件て
今の時代なかなか出会えないので
こういう場所に出会えるととても嬉しい。

棄てられた牛

Abandoned cow.hai018-01.jpgかつて廃墟界のマスコット的存在だった牛。hai018-02.jpg私が撮った時は口に落書きされた状態だった。hai018-03.jpgこの頃撮ったフィルムをずっと放置していて、
数年ぶりに現像したら、懐かしいこの写真が出てきて
亡き友達の写真を見つけたような気持ちで胸熱だった。hai018-04.jpgやっぱフィルムいいね~

ちなみにこの牛さん達の現役時代の
拾い物画像を見つけたので貼っておく。
どこで見つけた画像だったかも忘れたので、
何か問題があれば連絡ください。hai018-05.jpgこちらは黒い模様バージョンの牛さん。
アイスクリームショップなどになっていたらしい。hai018-06.jpgこちらは廃牛と同じ柄のコ。
この記事の内容自体が時代を感じて面白い。
当時アイドルのことは「○○クン」と書くのが
流行っていたのかな…ww

この頃アイドルが出没する清里にもいたようだが、
この廃牛が解体されてからは
日本から絶滅してしまったようだ。

廃墟界のアイドルがいなくなってしまい、
寂しいものだな~。

天守閣のあるテーマパーク

The theme park with a castle tower.hai587-01.jpg雪の日のある日、山の中に天守閣を見つけた。hai587-02.jpg本物の城ではないが、なかなか造りは本格的だ。hai587-03.jpgこれはトイレ!立派だね〜hai587-04.jpg珍しい寒波により氷柱までできている。hai587-05.jpg近くで見てもなかなかの迫力!hai587-06.jpg門も立派。朽ちてきたことでさらに雰囲気が出ている。
こういう古い和風の門を見ると安易に
「羅生門っぽい」とか思ってしまう。hai587-07.jpg枯れた紫陽花っていいよね…hai587-08.jpg天守閣の屋根には立派な鯱。hai587-09.jpg中はほとんどもぬけの殻だ。hai587-10.jpg1階にはなぜか観音像…!hai587-11.jpgこちらは殿とか姫が乗ってるやつ。hai587-12.jpg天守閣の中はほとんど何もない…hai587-13.jpg…と思ったら謎の神具が…。hai587-14.jpg窓はアルミサッシで現代的。hai587-15.jpg天守閣の中はとても狭い。hai587-16.jpg天守閣に来た人が残す用の「登城記帳」があった。hai587-17.jpg天守閣からの横からの眺め。
横には先ほどの長い廊下とレストランがある。hai587-18.jpgこちらが上から屋根が見えていたレストラン。
和風テイストのレトロ喫茶といった感じ。hai587-19.jpg奥には団体さん用の大広間も完備。hai587-20.jpg和風の丸窓が可愛らしい。hai587-21.jpg広々とした厨房。hai587-22.jpg外には小さな神社があった。hai587-23.jpgお稲荷さんを祀っているようだ。hai587-24.jpghai587-25.jpg和風のバンガロー的な「お宿り処」。
世界観を徹底している。hai587-26.jpgこちらは団体さん向けの宿泊施設。
カラオケやステージも付いていて宴会もできるようだ。hai587-27.jpg積まれたままの布団。hai587-28.jpgこちらにも厨房がついている。hai587-29.jpg入口には床の間と掛け軸。hai587-30.jpgわざわざ泊まるには見所が少なく、
閉館してしまったのも納得な感じもする…。
雪が舞う誰も来なくなった山で、
白い天守閣がひっそりと佇んでいた。